2018年12月2日日曜日

米中首脳会談を受け貿易戦争を一時停止

ロイターによると
米中首脳、追加関税猶予で合意 90日間の通商協議へ

引用
トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日、アルゼンチンのブエノスアイレスで会談し、対中追加関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意した。米ホワイトハウスは声明を発表し、2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する関税は2019年1月以降も10%で据え置き、25%への引き上げを「現時点で」見送る方針を明らかにした。

声明によると、中国は貿易不均衡解消に向け米国から「相当量の」農産物、エネルギー、工業製品などを輸入することで合意。農産物の購入は「直ちに」開始する。

技術移転の強要や知的財産権保護、非関税障壁、サイバー攻撃、サービスや農業分野について、構造改革協議を速やかに開始することも決めた。90日以内に合意できなければ、米国は対中関税を25%に引き上げる。

とのことです。
特に結果に期待されてなかったので追加関税の見送りはサプライズかなと思います。
ただしあくまでも90日の猶予ですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

厳しい外部環境だがAptiv PLC (APTV)2019年度2Qを振り返る

会社概要 Aptiv PLCは元々GMの自動車部品の開発メーカーで1999年に分社化されています。 元々はDelphi Corporationという社名でしたがガソリンエンンジン等のパワートレインとアフターマーケット事業をDelphi Technologiesとして20...