2019年8月19日月曜日

Gamingが回復 NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度2Q決算を振り返る

会社概要


Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。

同社の製品及びブランドは

PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ
動画編集、デザイナー、ビジネスユーザー向けのQuadroシリーズ
ディープラーニングやGPGPU向けのTeslaシリーズ
自動車、モバイルゲーム、タブレット、ドローン、ロボット等、組み込み向けのTegraシリーズなどがあります。

今Nvidiaが注目されている理由は、従来画面の出力や3D演算など画像の演算に主に使用されていたGPUが、人工知能やそれを支える機械学習の技術であるディープラーニングなどの興隆とそれらの演算処理として並列演算に優れているGPUが使われるようになったためです。

特にNvidiaはGPUでプログラミングを可能にするコンピューティングプラットフォーム、CUDAを開発・提供しておりCUDAは使いやすさやライブラリの点で競合を大きくリードしており、発展途上の同分野ではプログラムの書き換えや最新技術の対応が容易という面でNvidiaのGPUが有利であり、そのためNvidiaのGPUが好んで使われています。

また自動運転にも積極的に取り組んでおり、トヨタ、メルセデスベンツ、アウディ、テスラ、ボルボ、フォルクスワーゲンといった自動車業界と有力パートナーと手を組んでいます。

同分野ではIntel傘下のモービルアイが業界をリードしていましたがNvidiaが持つ高い処理能力持つ半導体と画像処理技術によって完全な自動運転ではNvidiaがリードしてるという意見もあります。

決算内容


2019年度の第2四半期決算(2019年5月~2019年7月)は8月15日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 2Q実   3.123B    1.94
2019 2Q実 
  2.579B
    1.24
 2019 2Q予    2.55B       1.14
  
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

前年同期比では減収減益でしたが、予想は上回る決算でした。
全てのセグメントが前期比を上回るなど好調でした。


セグメント情報


売上高
 (2Q前年同期比)

Gaming 1,805百万ドルから1,313百万ドル -37%

前年同期比で大きなマイナスですが、前四半期の1055百万ドルからは大幅に増加しています。
旧モデルの在庫の消化が進んだほか新GPUへの移行が進んでいます。
新しいGaming用GPUのRTX SUPERやノートPCのRTX Studio Laptopsやレイトレーシングへの取り組みの紹介や言及がありました。
また新しい任天堂スイッチ向けの半導体の出荷も始まりました。

Professional Visualization 281百万ドルから291百万ドル +4%

特にモバイルワークステーションが好調でした。
RTXレイトレーシングはクリエイティブな分野での新しい業界標準になっているとのことです。

Datacenter 760百万ドルから655百万ドル -16%

前年同期比ではマイナスですが、前期比ではプラスとようやく底打ち感がみられます。
しかしAIやクラウド向けは持ち直しがみられますが、ハイパースケールデータセンター向けが低調でした。
またMellanoxの保留中の買収に関して、米国で規制当局の承認を受けており、ヨーロッパおよび中国の規制当局と連携しています。

Automotive 161百万ドルから209百万ドル +%30

引き続き自動運転の市場拡大の恩恵を受けています。
Volvoとのパートナーシップや自立運転トラックへの取り組みの紹介がありました。

OEM&Other 116百万ドルから111百万ドル -5%

見通し


2020年度Q3

  • 収益は29億ドル +-2%
  • GAAP及びnon-GAAPのgross marginsがそれぞれ62.0%と62.5% +-50basis points
  • GAAP及びnon-GAAPの営業費用は、それぞれ約980百万ドルおよび765百万ドルと予想されています。

株価と指標


2019年8月16日の時点で159.56ドルです。



予想PER(コ):22.44倍
PBR:10.01倍
予想配当利回り(コ):0.39%
Nvidiaの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


良い決算でした、不調だったDateCenterセグメントで底打ち感がみられるほかGamingセグメントが前四半期比で大きく収益が増加しました。
またガイダンスも収益が29億ドルと前年同期比で減収ですが今回からは大きく増加する見通しになっており今後も期待がもてるかなと思います。
現在同社株を保有していませんが個人的には投資妙味があると考えますし、個人的にも投資してみてもいいかなと思ったりしています。

2019年8月18日日曜日

売上高がほぼ倍増 HUYA Inc. (HUYA) の2019年度2Q決算を振り返る

会社概要


HUYAは2018年5月にニューヨーク証券取引所に上場した中国最大のゲームライブストリーミングプラットフォームです。
 日本では似たようなサービスではAmazonが買収し、サービスを提供しているTwitchが有名です。
ライブ配信大手YYからスピンオフした企業です。
近年e-sports等の煽りを受けゲームを配信ないし視聴するという文化が根付きつつあります、特に中国はライブストリーミング市場が急成長しておりHUYAはその恩恵を受ける立場になります。 同社の利益は有料会員ならびにゲーム内のアイテム販売、チケット、広告収入などがあります。

決算内容


2019年度の第2四半期決算(2019年4月~2019年6月)は8/13日に発表され以下のようになりました。

  売上高     EPS
2018 2Q実   156.916M    0.06
2019 2Q実 
  292.857M
    0.11
 2019 2Q予     256.14M     0.08
  
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を大きく上回りました。
2019年第2四半期(Q2)の会社の売上高予想の1,730~1,790百万人民元 +66.6~72.4%の成長率を大きく上回ったほか、前期比でも成長が加速しました引き続きe-sport等の市場拡大の恩恵を受けています。

同社は広告収入と有料ユーザーからの収入からなるライブストリーミング収入から成り立っており

ライブストリーミング収入は2Q前年同期比991.8百万人民から1,921.5百万人民元+93.7%
広告及びその他収入が2Q前年同期比46.5百万人民から89百万人民 +91.3%になりました。

モバイルアプリのHuya Liveの月平均アクティブユーザーの指標であるAverage mobile MAUは2Q前年同期比4,270万から5,590万人に+31.1%増加しました

HUYAプラットフォーム全体の月平均アクティブユーザーの指標であるAverage MAUは2Q前年同期比9,150万人から1億4,390万人+57.3%に増加しました。

何らかの有料アイテムを1回以上購入または利用した有料ユーザー総数は2Q前年同期比340万人から490万人+46.7%に達しました。

セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

見通し


2019年第3四半期(Q3)の売上高が2,120~2,200百万人民元 +66.1~72.3%になると予想しています。

株価と指標


2019年8月16日の時点で24.29ドルです。


予想PER(コ):32.82倍
PBR:5.93倍
予想配当利回り(コ):N/A%
HUYAの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


素晴らしい決算でした、決算ごとにやや売上高成長率を落としていましたが今回は前期比でも成長が加速しました。
3Qの売上高見通しの成長率予想がやや弱いですが同社は保守的な見通しを提示する傾向にあります。
同社株は個人的には割安で投資妙味もあると思いますが中国企業で中国の市況や景況感の影響を受けやすく、米国株に比べて常にディスカウントされていることを留意する必要があります、あとボラリティも高めですね

2019年8月14日水曜日

決算発表前の振り返りNVIDIA Corporation(NVDA)

NVIDIA Corporationは8月15日に2020年度の第2四半期決算を予定しています。

NVIDIA(NVDA)銘柄情報
NVIDIA(NVDA)前回決算

決算予想

  売上高     EPS
2019 2Q前実   3.123B      1.94
2020 2Qコ予
 2.55B
      1.14
2020 2Q会予    2.55B                 

NVIDIAの最新の決算予想数字
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
前実   前年実績    コ予 コンセンサス予想   会予 会社予想

注目ポイント

前年同期で減収減益を予想していますが、前期の売上高が22億2000万ドルなので今回の売上高予想は強気に思います。
同社は仮想通貨からのマイニング需要の消失と過剰在庫の影響や米中貿易問題や関税の影響もあり主力GamingとData Centerのセクターが不調です。
ただし20年2Qの売上高予想を信じるなら上記のセクターは前期比ではかなり改善しないといけないのでそこがポイントでしょうか。


また買収したMellanoxの買収の進捗やシナジー等も気になるところです。


BroadcomはSymantecのエンタープライズセキュリティ事業を買収

Broadcomによると
https://www.broadcom.com/company/news/financial-releases/52511

BroadcomがSymantecのエンタープライズセキュリティ事業を107億ドル買収することを発表しました。
この買収は現金で行われ2020年第一四半期に完了を予定しています。
またその為2019年の通期の売上高のガイダンス225億ドルへの影響はありません。

一度買収価格で折り合いがつかず交渉が決裂したとの報道もありましたが合意できたようです。
ただ今まではSymantec全体を買収という形でしたが今回は合意した内容ではエンタープライズセキュリティ事業を買収という形になりました。
ですのでこの買収後完了後も引き続きSymantecは個人やスモールクライアント向けのウィルス対策ソフト「Norton」などを提供する会社として存続します。
ちなみにSymantecのエンタープライズ事業の2019年通期における売上高は23億ドルです。
Broadcomは組み込み用の半導体や電子部品など企業向けの製品が中心の会社ですので今回Symantec全体ではなく法人向けのエンタープライズセキュリティ事業のみ買収できたのは個人的にはいい取引かなと思います。

2019年8月13日火曜日

Verizonは、ブログサービスのTumblrをWordpressの運営会社Automatticに売却

AXIOSによると
https://www.axios.com/verizon-tumblr-wordpress-automattic-e6645edd-bc73-45c2-9380-9fe8ca34291f.html

VerizonはブログサービスのTumberをWeb開発企業のAutomatticに売却する予定です。
売却額は非公開ですが2,000万ドルをはるかに下回る、別の筋によると1,000万ドルを下回っているとのことです。
元々Tumblrは2013年に約11億ドルで買収されその後YahooがVerizonに買収された経歴がありますが、今回さらに親会社が変わるみたいです。
Verizonは通信サービスからのその先のコンテンツまで提供する多角化を目指しておりそのために米Yahooを買収しましたがメディア事業の競争激化でのれん代を減損するなどこの分野での取り組みに失敗しており、写真共有サービスのFlickrやファッションソーシャルコーマスサイトのPolyvore、映画情報サービスのMoviefoneを売却するなど立て直しを図っています。

2019年8月10日土曜日

加入者数の増加が加速 Match Group Inc.(MTCH) 2019年度2Qを振り返る

会社概要


Match Group, Inc.は2015年InterActiveCorpからスピンオフした企業で様々な出会い系サービスを提供しています。
同社190ヵ国以上42言語でサービスを提供しており、Tinder、Match、PlentyOfFish、Meetic、OkCupid、OurTime、Pairsなど需要や国に応じてさまざなサービスを提供しています。

決算内容


2019年度の第2四半期決算(2019年4月~2019年6月)は8月6日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 2Q実   421.196M    0.45
2019 2Q実 
  497.973M
    0.43
 2019 2Q予     488.96M     0.4
  
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPSは予想を上回りました。
売上高は前年同期比で+18%でEPSはやや減少しました。


(2Q前年同期比)


主力アプリTinderの売上高は前年同期比+46%、ARPUは前年比+10%為替の影響込みで+6%でした加入者+39%の520万人、また有料サービスのTinderGoldの割合も増加しました。
全ての面で前期から加速しており好調さ示す内容でした。


自社ブランドの平均加入者数は前年同期比18%増で900万人を超えました。
Tinderが加入者を伸ばしたほかHingeの加入者数も成長しました、またグローバルな加入者数が北米の加入者数を上回りました。
APRUは為替の影響込みで+2%、為替の影響を除くと+5%でした。

また日本でのペアーズの成長やOkCupidの取り組みの紹介、Hingeの成長への説明がありました。


セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

見通し


2019年第3四半期の見通し


  •  売上高 535~545百万ドル 為替の影響込み
  •  調整済みEBITDA 200~205百万ドル

2019年通年の見通し

  • 10%後半の収入増 (前回は10%半ば)
  • 調整済みEBITDA 770~800百万ドル (前回は740~790百万ドル)
  • Tinderでの平均加入者数は約160万人 (前回は100万人以上)



株価と指標


2019年8月9日の時点で85.63ドルです。


予想PER(コ):42.18倍
PBR:114.79倍
予想配当利回り(コ):N/A%
Matchの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


決算良かったです、特に加入者数の増加はポジティブでした。
今後ユーザー数増加とそれに伴う利益の拡大に期待したいところです。
指標的にはやや割高な部分もありますが個人的には投資妙味はあるかなと思います。

2019年8月7日水曜日

予想を上回る決算だったがいくつか懸念も残る General Electric Company (GE) 2019年度2Qを振り返る

会社概要


ゼネラル・エレクトリックはアメリカは代表するコングロマリット企業ですが近年は業績不振のため会社再建中です、 GEは発電機や航空機エンジン、タービン、ヘルスケア、照明などなど書ききれないくらいの多数の工業製品やそれに付帯するサービスなどを提供する企業ですが直近では事業の選択と集中を進めています。

決算内容


2019年度の第2四半期決算(2019年4月~2019年6月)は7月31日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 2Q実   30.104B    0.19
2019 2Q実 
  28.52B
    0.12
 2019 2Q予     28.831B     0.17
  
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPSともに予想を上回りました、Power(電力)事業以外のセグメントが好調でした。
調整後産業フリーキャッシュフローはPower事業の立て直しの影響もあり-10億ドルでした。



セグメント情報


 (2Q前年同期比)

POWER(電力)

受注
   6,282百万ドルから4,916百万ドル -22%
 売上高
 6,261百万ドルから4,681百万ドル -33%
 利益
 410百万ドルから117百万ドル -71%

ガスタービン事業の受注は+27%と増加しましたが、前年に原子力発電システムの売上があったことで今季その分目減りしています。
また利益の面でも販売量や価格、サービス収益の減少もあり大きく低下しました。

Renewable Energy(再生可能エネルギー)

 受注
  2,714百万ドルから3,676百万ドル+35%
 売上高
  2,883百万ドルから3,627百万ドル +26%
   利益
  85百万ドルから-184百万ドル 

今回から送電事業をこのセグメントに組み入れたこともあり売上高、受注共に大幅に前年同期で増加しました。
ただ利益はジョイントベンチャーの統合、レガシー契約の損失拡大、アジア太平洋地域でのオンショアプロジェクト遂行への挑戦、研究開発投資の増加、関税、および価格設定の影響を受けました。

Aviation(航空)
 
 受注
  9,512百万ドルから8,571百万ドル -10%
 売上高
  7,519百万ドルから7,877百万ドル +5%
   利益
  1,475百万ドルから1,385百万ドル -6%

受注は前年に大きな商用エンジンの受注があったこともありその反動を受けています。
また利益の面では新エンジンへの移行や次世代大型機エンジンGE9Xの開発遅れの費用やボーイング737 MAXの問題の影響もありました。

Healthcare(ヘルスケア)

 受注
      5,320百万ドルから5,203百万ドル -2%
 売上高
  4,978百万ドルから4,934百万ドル -1%
 利益
  926百万ドルから958百万ドル +3%

中国、米国、中東がやや不調でしたが日本やラテンアメリカで成長がありました。

Oil&Gas(石油&ガス)

 受注
  6,043百万ドルから6,514百万ドル +8%
 売上高
  5,554百万ドルから5,953百万ドル +7%
 利益
  222百万ドルから217百万ドル -2%

好調でしたが同社この部門のBaker Hughes(BHGE)の売却を進める予定です。
同四半期のBHGEからGEへの現金配当は合計約9400万ドルでした。

GE Captial(金融)

   Capital continuing operations(継続資本)
  89百万ドル
 discontinued operation(廃止事業)
  238百万ドル
   GE Capital Earnings (利益)
      148百万ドル

GEキャピタルは、第2四半期に5億ドル以上の資産削減を完了しました。これは現在までに約20億ドルで、2019年には約100億ドルの資産削減を実行する予定です。

見通し


一部前回から上方修正がありました。
変更のみ


  • 売上高(Non-GAAP) 一桁台半ばの増加 (従来一桁台前半から一桁台半ばの範囲で増加から)
  • 調整後産業フリーキャッシュフロー -10億ドルから10億ドルに (従来 -20~0億ドル)
  • 1株あたりの調整後利益(Non-GAAP)は、0.55ドルから0.65ドル (従来 0.5~0.6ドル)



株価と指標


2019年8月6日の時点で9.57ドルです。


予想PER(コ):12.93倍
PBR:2.33倍
予想配当利回り(コ):0.04%
GEの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


決算良かったです特に電力事業に改善の兆しがあったのはポジティブです。
ただBoiengの737MAXの問題で最大14億ドルの費用が掛かる可能性があることや事業改革中なこともあり全体的にマージンが下がっているのが気になるところです。
ただようやく悪い状態からは脱しつつあるよにも見えますし自分の保有しているGE株もそのままにしようと思います。

Gamingが回復 NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度2Q決算を振り返る

会社概要 Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。 同社の製品及びブランドは PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ 動画編集、デザイナー、ビジネスユー...