2019年11月18日月曜日

Intel Corporation(INTC)は新GPUを発表

Intelは2019年11月17日にSC19のIntel HPC Developer Conferenceでコード名「Ponte Vecchio」と呼ばれる XeアーキテクチャのHPC/AIアクセラレーション向けに最適化された汎用GPUと複数のアーキテクチャ間の統一された標準ベースのプログラミングモデルのOneAPI発表しました。
https://newsroom.intel.com/news-releases/intel-unveils-new-gpu-architecture-optimized-for-hpc-ai-oneapi/#gs.gt51zy


Ponte VecchioはIntelの7nmテクノロジーで製造され、HPCおよびAIワークロード向けに最適化されたIntel初のXeベースのGPUです。
IntelのFoveros 3DおよびEMIBパッケージを活用し、高帯域幅メモリ、Compute Express Link相互接続、およびその他の知的財産を含むパッケージ内の複数のテクノロジを備えています。
同GPUを導入したAuroraスーパーコンピューターはアルゴンヌ国立研究所で採用され2021年までの納入を予定しています。


今回Intelのスパコン向けGPUの詳細が紹介されました、同分野では現在NVIDIA Corporation(NVDA)がリードカンパニーですが、Intelの参入で競争が激しくなりそうですね。
1年以上先ですが今回の新GPUでIntelのData Center Groupのセグメントの成長に期待したいところです。

2019年11月17日日曜日

高成長だが HUYA Inc. (HUYA) の2019年度3Q決算を振り返る

会社概要


HUYAは2018年5月にニューヨーク証券取引所に上場した中国最大のゲームライブストリーミングプラットフォームです。
日本では同様のサービスとしてはAmazonが買収したTwitchが有名です。
同社はライブ配信大手YYからスピンオフした企業です。
近年e-sportsやゲーム配信の人気の煽りを受けゲームを配信ないし視聴するという文化が根付きつつあります、特に中国はライブストリーミング市場が急成長しておりHUYAはその恩恵を受ける立場になります。 同社の利益は有料会員ならびにゲーム内のアイテム販売、チケット、広告収入などがあります。

決算内容


2019年度の第3四半期決算(2019年7月~2019年9月)は11月12日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 3Q実   185.876M   0.08
2019 3Q実 
  316.898M
   0.12
2019 3Q予
  305.03M
   0.11

(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を上回りました。
前年同期比で売上高は+77.4%と高成長を維持していますが、前期の93.6%からはやや低下したかなと思います。
夏休みのシーズンであったためeスポーツトーナメントが集中したことや、モバイル戦略の実行により、モバイルMAUの成長を加速しました。

ライブストリーミング収入は3Q前年同期比の1,276.6百万人民元から2,265.1百万人民元+77.4%
広告及びその他収入が3Q前年同期比の60.1百万人民から109百万人民 +81.3%になりました。

モバイルアプリのHuya Liveの月平均アクティブユーザーの指標であるAverage mobile MAUは3Q前年同期比の4,940万から6380万人に+29.1%増加しました

HUYAプラットフォーム全体の月平均アクティブユーザーの指標であるAverage MAUは3Q前年同期比の9900万から1億4610万+47.6%に増加しました。

何らかの有料アイテムを1回以上購入または利用した有料ユーザー総数は3Q前年同期比の420万人から530万人+28.5%に達しました。

セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

見通し


2019年第3四半期(Q3)の売上高が2,340~2,420百万人民元 +55.5~60.8%になると予想しています。

株価と指標


2019年11月15日の時点で22.44ドルです。


予想PER(コ):28.77倍
PBR:5.48倍
予想配当利回り(コ):N/A%
HUYAの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想


総評と感想


予想を上回る決算でした。
ただ引き続き高い成長を実現している反面、やや市場の成熟さも感じています。
今後東南アジアおよびラテンアメリカで展開しているNimo TVなどの海外投資やライブコミック動画などの非ゲーム部門が収益に貢献できるかが鍵かなと思います。
事業環境の面では近年急速にユーザーを増やしており一部eスポーツトーナメントの放送権を獲得しているショートビデオSNSのKuaishouとの競争に関する質問もありました。
Kuaishouのe-sportsに関する取り組みは初期の段階なので今すぐの影響は小さいですが注目しておく必要がありそうです。
株価や指標的には中国株であることを考慮しても個人的には割安かなと思いますが、ボラティリティは高めですね。

2019年11月15日金曜日

復調傾向ではあるが NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度3Q決算を振り返る

会社概要


Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。
同社の製品及びブランドは

PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ
動画編集、デザイナー、ビジネスユーザー向けのQuadroシリーズ
ディープラーニングやGPGPU向けのTeslaシリーズ
自動車、モバイルゲーム、タブレット、ドローン、ロボット等、組み込み向けのTegraシリーズなどがあります。

今Nvidiaが注目されている理由は、従来画面の出力や3D演算など画像の演算に主に使用されていたGPUが、人工知能やそれを支える機械学習の技術であるディープラーニングなどの興隆とそれらの演算処理として並列演算に優れているGPUが使われるようになったためです。
特にNvidiaはGPUでプログラミングを可能にするコンピューティングプラットフォーム、CUDAを開発・提供しておりCUDAは使いやすさやライブラリの点で競合を大きくリードしており、発展途上の同分野ではプログラムの書き換えや最新技術の対応が容易という面でNvidiaのGPUが有利であり、そのためNvidiaのGPUが好んで使われています。 
また自動運転にも積極的に取り組んでおり、トヨタ、メルセデスベンツ、アウディ、テスラ、ボルボ、フォルクスワーゲンといった自動車業界と有力パートナーと手を組んでいます。 同分野ではIntel傘下のモービルアイが業界をリードしていましたがNvidiaが持つ高い処理能力持つ半導体と画像処理技術によって完全な自動運転ではNvidiaがリードしてるという意見もあります。

決算内容


2020年度の第3四半期決算(2019年8月~2019年10月)は11月14日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2019 3Q実   3.181B   1.84
2020 3Q実 
  3.014B
   1.78
2020 3Q予
  2.92B
   1.58
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を上回りました。
前年同期比で売上高は-5%とEPSは-3%でした。
前期比で特にデータセンターやゲーミングのセグメントで回復しました。
また1株当たり0.16ドルの次の四半期現金配当を発表しています、権利日が2019年11月29日で配当支払い日が2019年12月20日になります。
同社は、Mellanox Technologies、Ltdの買収を終了した後、自社株の買い戻しに戻る予定です。
買収は欧州連合や中国の規制機関の承認が順調に進めば今年の終わりまで完了を予定しています。


セグメント情報


売上高3Q前年同期比

Gaming 1,764百万ドルから1,659百万ドル -6%

デスクトップゲームとノートブックゲームで期待を上回る強さでした。
レイトレーシングの多数のタイトルが発売されたことやGeForce RTXシリーズはデスクトップゲームGPUの収益2/3以上を占めていることを報告しています。
また新製品のGeForce GTX 1660 Superおよび1650 SuperやShield TVとShield TV Pro発表しています。
またクラウドゲームのGeForce NOWのパートナーを多数紹介しています。

Professional Visualization 305百万ドルから324百万ドル +6%

製造業、公共部門、高等教育、ヘルスケアから需要が強かったほか、モバイルワークステーションの売上が11%伸びました。
NVIDIA RTXグラフィックとMax-Qテクノロジにより薄型軽量高性能のモバイルワークステーションはこの分野での新しいカテゴリーになることを期待しているとのことです。

Datacenter 792百万ドルから726百万ドル -8%

売上高は前年同期比では-8%でしたが、前四半期比で+11%と回復しています。
ハイパースケールデータセンター向けで好調でした。
AIや機械学習の分野での採用や取り組みを報告したほか、NVIDIA EGX Intelligent Edge Computing Platformの発表を報告しています。

Automotive 172百万ドルから162百万ドル -6%

レガシーインフォテインメントシステムの収益が低調な他、自動車業界の市況の影響を受けています。


見通し


2020年度Q4

売上高 29億5000万ドル +-2%
GAAP及びnon-GAAPのgross marginsがそれぞれ64.1%と64.5% +-50basis points
GAAP及びnon-GAAPの営業費用は、それぞれ約10億2,000万ドルおよび805百万ドルと予想されています。

株価と指標


2019年11月14日の時点で209.85ドルです。


予想PER(コ):29.34倍
PBR:12.48倍
予想配当利回り(コ):0.31%
Nvidiaの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


決算は良かったですが、見通しはやや弱めです、ただ今回の決算のように大きく予想を上回れれば問題ないですが。
データセンターやゲーミングのセグメントで回復傾向にあるのは心強いですが、株価もそれなりに上昇しておりあまり割安感はないかなと個人的には思っています。


2019年11月13日水曜日

データーセンター向けが復調 Intel Corporation(INTC) 2019年度3Q決算を振り返る

会社概要


インテルはパソコン・サーバー向けに半導体を提供するメーカーです。
他にも、自動車向け衝突防止補助システムのモービルアイの買収を始め、自動運転や5Gなどの様々な分野を強化、参入しています。 特にサーバや家庭用パソコン向けのCPUが主力です。

決算内容


2019年度の第3四半期決算(2019年7月~2019年9月)は10月24日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 3Q実   19.163B   1.4
2019 3Q実 
  19.19B
   1.42
2019 3Q予
  18.05B
   0.11
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を上回りました。
また2期ぶりに売上高が前年を上回り四半期では過去最高でした。
特にデーターセンター向けの半導体の復調が牽引しました。


セグメント情報


売上高 3Q前年同期比

Client Computing(CGC) 10.2Billionから9.7Billion -5%

商業セグメントが引き続き堅調で高価格帯の製品が好調でしたが、供給の制約の影響を受けました。
同社はこの問題に今年度悩まされ続けています。
10nmの製品と量産をアピールしていますが、今後供給の制約が改善されるかが焦点でしょうか。


Data Center Group (DCG) 6.1Billionから6.4Billion +4%

第2世代Xeon Scalable製品が好調でした。
Enterprise & Gov(企業及び官公庁向け)とComms SP(通信サービスプロパイダー)、Cloud SP(クラウド企業)全てで前年比より増加しています。
米中貿易摩擦で企業が早めに製品の確保に動いたことやクラウド企業からの需要の回復も寄与しています。


Internet of Things Group (IOTG) 919millionから1Billion +9%

小売および運輸部門の好調をでしたが、営業利益は利益率の低い製品へ売上がシフトしており減少しています。

Mobileye 191millionから229million +20%

ADAS(先進運転システム)の採用が増加しました。

Non-Volatile Memory Solutions Group (NSG)  1.08billionから1.29 billion +19%

売上高は大きく増加しましたがNAND価格の低下や一時要因もあり営業利益は大きくマイナスになっています。

Programmable Solutions Group (PSG) 496millionから507million +2%

ワイヤレス及び5G分野で好調でしたがクラウドとエンタープライズで一部相殺しています。
最初の10nmベースのIntel®Agilex™FPGAを出荷を報告しています。


見通し


2019年Q4

  •  売上高 192億ドル 前年同期比+3%
  •  Operating Margin ~ 33.5% 前年同期比-2PPT
  •    EPS 1.24 前年同期比-3%
データセンターから前年同期比で+6~8の売上高成長を見込んでいます。
ただPC向けは横ばいからやや下を予想しています。


2019年通年

  •  売上高 710億ドル(従来予想695億ドル) 
  •  Operating Margin ~ 32.5%(従来予想32%)
  •    EPS 4.60(従来予想4.40)
前回に引き続き通年の見通しを上方修正しています。
データセンターからは横ばいからやや上。PC向けからは横ばいからやや下を予想しています。


株価と指標


2019年11月12日の時点で58.20ドルです。


予想PER(コ):12.44倍
PBR:3.41倍
予想配当利回り(コ):2.16%
Intelの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想 


総評と感想


決算良かったです。
同社は今年Data Center Groupのセクターで落ち込みがありましたが今回駆け込み需要的なものも発生したとはいえ、前年同期比でプラスになったのはポジティブかなと思います。
ただ懸念としては供給の問題は完全解決されておらずClient Computingのセグメントに影響を与えていることや営業利益がややどうかなといった感じです。
決算後株価は上昇していますが、個人的には指標面ではまだ割高感はなく投資を検討してもいいかなと思っています。

2019年11月10日日曜日

フリーキャッシュフローが改善 General Electric Company (GE) 2019年度3Qを振り返る

会社概要


ゼネラル・エレクトリックはアメリカは代表するコングロマリット企業ですが近年は業績不振のため会社再建中です、 GEは発電機や航空機エンジン、タービン、ヘルスケア、照明などなど書ききれないくらいの多数の工業製品やそれに付帯するサービスなどを提供する企業ですが直近では事業の選択と集中を進めています。

決算内容


2019年度の第3四半期決算(2019年7月~2019年9月)は10月30日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 3Q実   29.573B   0.14
2019 3Q実 
  23.36B
   0.15
2019 3Q予
  22.93B
   0.11
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を上回りました。
前年比で大きく売上高が落ち込んでいますがこれはWabtec及びBaker Hughesの売却を始め事業を売却・縮小した影響です。
またnon-GAAPのEPSは黒字ですがGAAP-EPSは保険の追加積立金、Baker Hughesの株式売却と非連結化に伴う損失、のれんの減損などで94億ドルの赤字でした。


セグメント情報


3Q前年同期比

POWER(電力)

 受注
    3,864百万ドルから5,522百万ドル -30%
 売上高
  4,559百万ドルから3,926百万ドル -14%
 利益
  -676百万ドルから-144百万ドル

引き続き昨年の原子力発電システムの受注の反動を受けています。
ただガスタービン事業の受注も減少しており、まだ同社の電力事業は苦しい印象です。

Renewable Energy(再生可能エネルギー)

 受注
  3,859百万ドルから5,016百万ドル+30%
 売上高
  3,920百万ドルから4,425百万ドル +13%
   利益
  116百万ドルから-98百万ドル 

主に陸上風力発電機が牽引しました、また送電事業を前回からこのセグメントに組み入れていることも影響しています。
利益面はジョイントベンチャーの統合、レガシー契約の損失拡大、研究開発投資の増加、関税、および価格設定の影響で引き続き赤字が続いています。
また新製品のCypress(陸上風力発電)の受注とHaliade-X(洋上風力発電)の最初の2つの優先供給契約を発表しています。

Aviation(航空)
 
 受注
  9,128百万ドルから8,796百万ドル -4%
 売上高
  7,480百万ドルから8,109百万ドル +8%
   利益
  1,655百万ドルから1,718百万ドル +3%

LEAPエンジンの納入が増加しましたがCFM56エンジンは大きく減少していす。
ボーイング737 MAXの運行停止の影響も受けています。

Healthcare(ヘルスケア)

 受注
      5,090百万ドルから5,141百万ドル +1%
 売上高
  4,707百万ドルから4,923百万ドル +5%
 利益
  861百万ドルから974百万ドル +13%

主にライフサイエンスの成長が牽引しました。
ヘルスケアシステムは日本とラテンアメリカで成長しましたが中国と中東での圧力がありました。


GE Captial(金融)

   Capital continuing operations(継続資本)
  -645百万ドル
 discontinued operation(廃止事業)
  -18百万ドル
   GE Capital Earnings (利益)
      -663百万ドル

主に米国の年次保険の積立金を引き当てことで損失が発生しています。
GEキャピタルは、当四半期に20億ドルの資本資産の削減を完了し、年間で合計36億ドルになりました。


見通し


GEはフリーキャッシュフローの見通しを上方修正しました。

2019年度通年

  • 売上高(Non-GAAP) 一桁台半ばの増加 
  • 調整GEの産業利益率 Flatから約100bp
  • 調整後産業フリーキャッシュフロー 0億ドルから20億ドルに (従来 -10~10億ドル)
  • 1株あたりの調整後利益(Non-GAAP) 0.55ドルから0.65ドル
  • 産業再編費用  11~14億ドル


またGEは、2020年には産業フリーキャッシュフローがプラスになると予想しており、2021年にはさらに加速すると予想しています。

株価と指標


2019年11月8日の時点で11.52ドルです。


予想PER(コ):17.19倍
PBR:3.60倍
予想配当利回り(コ):0.04%
GEの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


フリーキャッシュフローの見通しを2期連続で引き上げたこともあり株価は上昇しています。
ボーイング737 MAXや関税の懸念もありましたが、電力事業以外の事業は堅調ですね。
まだ改革半ばですが同社の事業改革は進んでいるように見えます。

2019年11月9日土曜日

引き続きTinderが順調に推移 Match Group Inc.(MTCH) 2019年度3Qを振り返る

会社概要


Match Group, Inc.は2015年InterActiveCorpからスピンオフした企業で様々な出会い系サービスを提供しています。 同社190ヵ国以上42言語でサービスを提供しており、Tinder、Match、PlentyOfFish、Meetic、OkCupid、OurTime、Pairsなど需要や国に応じてさまざなサービスを提供しています。

決算内容


2019年度の第3四半期決算(2019年7月~2019年9月)は10月28日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 3Q実   443.943M   0.39
2019 3Q実 
  541.493M
   0.51
2019 3Q予
  540.57M
   0.42
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPS共に予想を上回りました。
売上高は前年同期比で+22%でEPSもそれに伴って増加しました。
引き続きTinderの堅調な成長が寄与しています。
またIACからの完全なスピンオフを計画しています。


主力アプリTinderの売上高は前年同期比+49%、加入者数は+38%、ARPUは+9%でした。


自社ブランドの平均加入者数は前年同期比+19%でNorth America及びInternationalで前期よりそれぞれ成長が加速しています。


Tinderのユーザー参加型の映像作品のSwipe Nightの紹介やHingeやOK Cupid、ChispaとBLKの成長などの紹介がありました。
Hingeは2020年は収益化の注力する予定です。



1対多数のライブストリーミングのPlenty of FishとTwooと1対1のビデオアプリのabloなど新たに注力しているライブビデオの取り組みの紹介もありました。


セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

見通し


2019年度第4四半期
  •  売上高 545~555百万ドル 為替の影響込み
  •  調整済みEBITDA 205~210百万ドル
為替や投資費用の増加を見込んでいますが前年同期比と同程度の利益率を予想しています。

2019年度通年
  • 売上高及び調整済みEBITDAがそれぞれ10%後半の収入増 
また調整後EBITDAは年初から6000万ドルの費用がグローバル展開のための投資とマーケティング費用及び法律や規制、フランスのデジタルサービス税からマイナスの影響を受けています。

2020年度(preliminary)
  • 売上高及び調整済みEBITDAがそれぞれ10%半ばから後半の収入増 
また継続的な投資やIACからのスピンオフに関連して1000万ドル程度の費用を見込んでいます。


株価と指標


2019年11月9日の時点で69.08ドルです。


予想PER(コ):35.07倍
PBR:85.18倍
予想配当利回り(コ):N/A%
Matchの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


決算後、特に弱い第4四半期の見通しを嫌気して株価げ下落する局面もありましたが、その後株価は回復しています。
個人的にも見通しの下限値でも前年同期比で+19%の売上高成長ですので特に問題ではないかなと思います。
懸念としては同社のスピンオフによりIACから負債の移転と特別配当の内容が含まれていることでしょうか。
同社のビジネスは順調に推移していると思いますがIACからのスピンオフについては気を払っておく必要があるかなと思います。

2019年11月7日木曜日

ASML Holding(ASML) 中国への半導体装置の輸出保留

日経によると
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51849370W9A101C1FFE000/

ASMLが中芯国際集成電路製造(SMIC)に対して納入予定だったEUV露光装置をストップしていると報じられています。
米国からの事業への圧力を懸念しているとしています。

またロイターの報道によると
https://jp.reuters.com/article/asml-china-idJPKBN1XH01H

EUV装置の一つが中国向けの輸出許可の期限が失効しておりオランダ政府に更新を申請していると報道しています。

ASMLが米中貿易戦争の煽りを受けているとの日経の報道です。
情報をまとめると保留しているEUV装置の数は1台ですが、そもそも装置自体が1台1億ドル以上することや直近のQ3決算でもEUV装置は7台で売上比率が30%超えているのでもし遅れが長引けば短期的には決算にも影響がでる可能性があります。
ただEUV装置は代替が利かず、売上の大半は台湾やアメリカ、韓国なので中長期的な影響はあまり大きくないとは思いますが、今後の流れを注視したいと思います。



Intel Corporation(INTC)は新GPUを発表

Intelは2019年11月17日にSC19のIntel HPC Developer Conferenceでコード名「Ponte Vecchio」と呼ばれる XeアーキテクチャのHPC/AIアクセラレーション向けに最適化された汎用GPUと複数のアーキテクチャ間の統一された標準ベー...