2019年10月18日金曜日

ロジックからのユーザーの引き合いが強い ASML Holding(ASML) 2019年度3Qを振り返る

会社概要


ASMLHoldingは半導体製造装置メーカーで露光装置と呼ばれる半導体に回路を露光する装置を開発、販売、製造するメーカーです。
同社はDUVリソグラフィー、EUVリソグラフィー、ホリスティックリソグラフィーソリューションを含む3つのカテゴリーの製品を販売しています。

決算内容


2019年度の第3四半期決算(2019年7月~2019年9月)は10月16日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2019 1Q実   3.22B    1.86
2020 1Q実 
  3.256B
    1.62
2020 1Q予
  3.34B
    1.62
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想


売上高は予想を下回りました.。
EPSは予想と一致しました。
前年比でみると売上高は増加しましたが利益は減少しました、主に研究開発の増加の影響です。

ASMLは、半年ごとの配当支払いを提供するために資本還元方針を改訂し中間配当を導入します、2019年の普通配当1株当たり1.05ユーロの中間配当を発表しました。
またASMLは、2018年から2019年の期間内に実行される最大25億ユーロの株式を購入する意向を発表しており2019年9月29日までに、ASMLはこのプログラムに基づいて合計14億ユーロで820万株を取得しましていますが今後最大25億ユーロまで株式を買い戻すことは予想していないと述べました。

売上高の増加の要因としてはロジックのエンドユーザーからの旺盛な需要に支えられました。
7つのEUVシステムの出荷が第3四半期であったほか同四半期に23の記録的なEUVの注文を受注しています。
また今四半期ではArF液浸露光システムも21の出荷と全四半期の13から大幅に増加しました。

売上比率では特にロジックからのエンドユーザーからの割合が大きく高まっておりロジック分野の好調さとメモリの低調さを表しています。


セグメント情報


セグメント情報はありません

見通し


2019年Q4の見通し
  • 2019年第4四半期の純売上高約39億ユーロ
    • 予定している8つのEUVシステムの売上高が約9億5000万ユーロ
    • インストールベース管理売上高約8億5000万ユーロ
  • 売上総利益48%~49%
  • 研究開発コスト約5億ユーロ
  • 販売管理コスト約1億3500万ユーロ
  • 2019年の推定年間実効税率約7%


第4四半期に予定されていた4つのEUVシステムは供給の制約が発生し2020年初頭に出荷を予定しています。
今年ののこりについては5Gや人工知能などのエンドマーケットテクノロジーとアプリケーションをサポートする最先端のノードに牽引され、ロジックは引き続き強力になると予想しています。
またメモリのリカバリのタイミングは未定ですと述べています。

株価と指標


予想PER(コ):28.51倍
PBR:8.29倍
予想配当利回り(コ):0.92%
ASML Holdingの現在の株価と指標

 (コ) コンサンス予想 (会) 会社予想


総評と感想


売上高が予想を下回るなど必ずしも期待通りの決算ではなかったですが、個人的にはそこまで悪くもないかなと思っています。
特にEUVシステムは一部遅延が発生しているものの概ね順調に推移していますし、Net bookingsも 5,111百万ユーロと記録的な受注でした。
ただ株価バリュエーションは相応に高まっており決算後に株価が下落したのも仕方ないかなと思います。
ただある程度今後も調整が進むようであればどこかで投資も検討しようかなと個人的には思っています。

2019年10月17日木曜日

GoogleをPixel 4など新ハードウェアを多数発表

Googleは2019年10月15日に行われたMade by Google 2019で新しいデバイスやサービスを発表しました。

Stadia

事前に発表されていたCloud Gaming ServiceのStadiaは2019年11月19日に14ヵ国でサービスをローンチすると発表しました。

https://www.blog.google/products/stadia/stadia-arrives-november-19/

Pixel Buds

Google初のワイヤレスイヤホンで快適な装着感を追求した他、音量を環境に合わせて自動調整する機能や骨伝導マイクを搭載しています。
2020年春に発売予定しており価格は179ドルです。

https://www.blog.google/products/pixel/new-pixel-buds/

Pixelbook Go

同社のChrome Osを搭載したノートPCで13.3インチのタッチスクリーン、静かでバックライト付きのキー、強力なプロセッサーを搭載して価格は649ドル~です。

https://www.blog.google/products/pixelbook/pixelbook-go/

Nest Mini

初代Google Home Miniの2倍の低音出力を実現したほか、アップグレードされたAssistantを提供し周囲の環境に合わせて音量を自動調整する機能を搭載します。
価格は49ドルで発売10月22日です。

https://www.blog.google/products/google-nest/nest-mini/

Nest Wifi

Nest Wifiでは、ルーター機能とGoogle Assistant機能を搭載しており従来品のGoogle Wifiより速度は最大で2倍、カバー範囲は最大25%改善されています。
またNest Miniと同等の機能を備えています。
スマートホームの基盤となるシステムを搭載しており今後対応製品の登場を予定しています。
2019年に世界の8市場で発売され、アメリカでは11月4日に発売を予定しており価格はルーターとポイントの2パックセットが269ドルです。

https://www.blog.google/products/google-nest/nest-wifi/

Pixel 4

Googleの最新のAndroidスマートフォンで5.7インチのディスプレイを搭載したPixel 4と6.3インチディスプレイを搭載したPixel 4 XLになります。
Google AssistantとPixel4との統合強化や高速で応答性の高いディスプレイ、新しいデザイン・テクノロジー、最新のバージョンのAndoridを搭載しておりアップデートも予定しています。
価格はPixel4を$799で、Pixel4XLを$899で10月24日に全世界で出荷されます。

https://www.blog.google/products/pixel/pixel-4/

やや競合のIT大手を意識した発表に思いました、特に大きなサプライズはなかったように個人的には思いましたが、今回Googleは多くのハードウェアを発表しました。
目玉はPixel 4だと思いますが、特にスマートスピーカーに力を入れている印象を受けました。
Google(Alphabet)にとってハードウェアの収益に占める割合は小さいですし次の2019年3Qへの影響もほとんどないと思いますが、今後Googleの同分野の成長やStadioなどのサブスクリプションサービスの拡大で広告収入に依存しない成長に期待したいと思っています。

2019年10月15日火曜日

SlackはActiveUserが1200万人を突破したと発表

Slackによると
https://slackhq.com/work-is-fueled-by-true-engagement

10月10日Slackは2019年9月にSlackのDaily Active Users(DAU)が前年比で約37%増加の1200万人になったと発表しました。

また有料ユーザー数は600万人以上と発表しています。

2019年9月Slackでのアクション(メッセージの書き込み、メッセージの読み取り、ファイルのアップロードまたはコメント、検索の実行、アプリとの対話、またはSlackのアクティブな使用を示す同様のアクション。)は平均で50億を超えました。


毎日60万人近くのアクティブな登録開発者に利用され1,800以上のアプリケーションおよび50万個の以上のカスタムアプリのプラットフォームになっています。

Daily Active Usersは無料または有料のサブスクリプションプランで24時間以内にSlackでコンテンツを作成または使用したユーザーを指すとことです。


SlackのActive Usersのチャートからもユーザー数の推移が順調なのは見て取れます。
ただ株価は低迷気味なので好調なユーザーの増加がSlack株の見直しに繋がればとは思いますが。



2019年10月14日月曜日

Googleの親会社 Alphabet Inc. (GOOG)

企業概要


アルファベット(GOOG)は持株会社でGoogleの親会社です。 Googleは検索サービスGoogleやAndroid Os、Youtube、クラウドサービスなど様々なITサービスを提供しています。 AlphabetはGoogle以外にもスマートホーム(Nest)、バイオテクノロジー(Verily)、ブロードバンド(Google Fiber)、自動運転(Waymo)など様々な新興企業を保有しています。 また収益の95%以上はGoogleからによるものです。

セグメント情報


同社のセグメントは主に3つに分けられます。
  • Google advertising revenues(Google広告収入)
  • Google other(Googleその他収入)
  • Other Bets(その他)
Google advertising revenuesがGoogleの広告収入でGoogleの検索エンジンを利用した際に上位に表示されるサイトやYoutubeの広告とかですね、自分のサイトにもGoogleの広告を利用させて頂いてます。

Google otherはGoogle Cloud Platform(Googleが提供するCloudサービス)やGoogleが販売しているスマートスピーカーやスマートフォン、ノートPCなどハードウェア、YoutubeのサブスクリプションサービスなどGoogleが提供している広告収入以外のサービスになります。

Other BetsはAlphabetが投資している新興企業から収益を反映しています。

直近の2019年第2四半期決算によると売上高ベースのセグメントは以下のようになります。


特にGoogleの広告収入の売上高に占める比率が大きいですね、また新興企業に投資しているOther Betsはその性質上、営業赤字が続いています。

業績推移




売上高は今期の予想数字は10%いかない程度ですが過去では大体20%成長しています、会社の規模を考えると驚異的な数字だと思います。
EPSは2017年に新しい米国の税制の費用やEUからの制裁金が発生したためなのでこちらもそういった要素を除けばほぼ右肩上がりと言えます。
配当はありません。

決算情報


2019年度第2四半期
2019年度第1四半期
2018年度第4四半期
2018年度第3四半期
2018年度第2四半期
2018年度第1四半期

株価と指標


2019年10月11日の時点で1,215.45ドルです。


予想PER(コ):21.79倍
PBR:4.39倍
予想配当利回り(コ):N/A
Alphabetの現在の株価と指標

(コ) コンセンサス予想
(会) 会社予想

投資判断


業績的には素晴らしい企業ですね。
Googleは多くのITサービスを提供しており、Googleのサービスに依存している人も少なくないと思いますしEconomic moat的な企業と言えます。
反面Googleのサービスはほとんど無償で提供されており提供されるサービスに付帯する広告収入からの利益に依存している部分があります。
広告収入が成長していくシナリオなら問題ないですが、直近ではやや広告収入の成長に陰りがみられており、広告収入以外のセグメントの成長が今後必要かなと思われます。
また近年では巨大IT企業のデータの寡占に警戒や規制が各国で議論されており、もし規制や制限が実施されるなら同社は影響を受ける代表的な企業ですね。
しかし上記のリスクは有るもののとって代わられにくい企業ではあると思いますし、バリュエーション面でもそこまで割高感はないので投資妙味はあるかなと個人的には思います。




2019年10月13日日曜日

米中通商協議で部分合意

Reutersによると
https://jp.reuters.com/article/us-china-trade-talks-2nd-day-idJPKBN1WQ2JF

トランプ米大統領は11日、米中が「第1段階」の通商合意に達したと発表しました。
内容としては

  • 中国が米農産物を400億~500億ドル分を購入
  • 一部の知的財産権、為替、金融サービスの問題などについて合意。
  • 米国は中国に10月15日に2,500億ドル相当の商品の関税を30%に引き上げる計画の延期(12月に予定している対中関税は未定)

になります。
まだ正式に文書化して合意しているわけではないのは注意が必要ですが、いつもは合意期待で株価が上昇して特に何もなく結果で下げるを繰り返していますが今回は部分的にせよ合意という結果になりました。
今後今回の署名後、第2段階の交渉を開始するとのことです。
ただ今回は比較的お互い譲歩しやすい内容で合意したので今後の交渉はトントンでは進まないかなとは思いますが。
なんにせよ株価上昇に期待したいところではありますが、今後決算シーズンに入るので株価高い状態だとボラティリティの上昇には注意したいところです。


2019年10月10日木曜日

Facebookは企業向けSNSのWorkplaceにビデオ機能追加

Facebookによると
https://www.facebook.com/workplace/blog/11-new-tools-to-connect-people-at-work/#

Facebookは10月8日に同社が提供する企業向けSNS「Workplace」で同社のスマートデバイスのPortalから通話アプリ「Workplace on Portal」を提供すると発表しました。
同社この機能通じて従業員のエンゲージメントを高め、最前線で働く従業員と組織のつながりを強化できるとアピールしています。
またFacebookはWorkplaceが300百万のユーザーに使われていると述べています。

この発表受けてVideo会議システムを提供するZoom Video Communications, Inc. (ZM)の株価は下落しています。
ただ個人的にはFacebookの今回のサービスがZOOMにとって大きな打撃になるかは懐疑的です。
しかしZOOMはIPOのロックアップ期間が10月15日解除されることやあまり米国の新興市場が盛り上がっていないこともあり、まだ短期的には厳しい状況かなとも思います。
更に下がれば何処かで投資したいなとも思いますが
またFacebookもこれ以外にもVRや暗号通貨のLibleaなど新しい取り組みを始めており同社の企業イメージは必ずしも良くないですがどこかで調べてみようかなと思いました。





2019年10月9日水曜日

Intel Corporation(INTC)及びAdvanced Micro Devices, Inc.(AMD)は新しいプロセッサーを発表

Intelは10月7日に新しいIntel XEON WおよびX SERIES PROCESSORSを発表しました。

https://www.intc.com/investor-relations/investor-education-and-news/investor-news/press-release-details/2019/Intel-Enables-AI-Acceleration-and-Brings-New-Pricing-to-Intel-Xeon-W-and-X-Series-Processors/default.aspx

Xeonが8モデルで価格は294ドルから​​1,333ドルの範囲でデーターサイエンス、3Dレンタリング、 Visual effects、3DCAD、人工知能、エッジコンピューティングなどのパワーユーザーを対象としています。


Intel Core Xシリーズは4モデルで価格は、590ドルから979ドルで写真/ビデオ編集、ゲーム開発、3Dアニメーションなどのクリエイターユーザーを対象としています。


両モデルともスペックが上昇したほか大きく従来モデルと比べて価格が引き下げられました、特に最上位モデルでは半額以上値下げされておりボリュームが出るモデルではないといえ少々収益への影響が気になる位思いっきた価格戦略に思います。


またMicrosoftの同社のPCブランドSurfaceの発表会ではIce Lakeを採用したモデルの他に同社初のLakefield採用デバイスとなるSurface Neoが発表されました。
発売は2020年のホリデーシーズンを予定しているのでまだ先ですがそれまでには他のメーカーも搭載モデルを発表するのではないでしょうか?

https://newsroom.intel.co.jp/news/microsoft-surface-event-2019-gs-7d3h3j/#gs.8inyg8


AMDは10月7日にメインストリーム帯のGPUであるRadeonRX 5500を発表しました。


                                
ModelCompute UnitsStream ProcessorsTFLOPSGDDR6 (GB)Game Clock11 (MHz)Boost Clock12 (MHz)Memory Interface
Radeon™ RX 5500M GPU

(For Mobile Systems)
221,408Up to 4.64GBUp to 1,448Up to

1,645
128-bit
Radeon™ RX 5500 series

(For Desktop Systems)
221,408Up to 5.2Up to 8GBUp to

1,717
Up to

1,845
128-bit

今年の年末までに対応モデルがAcer、Lenovo、HP、MSIから発売されるほかDesktop向けは単体でも発売されると思います。


10月2日にはMicrosoftの同社のPCブランドSurfaceの発表会で初のAMDプロセッサーとなるSurface® Laptop 3が発表がされました。

http://ir.amd.com/news-releases/news-release-details/amd-and-microsoft-announce-new-15-inch-thin-and-light-microsoftr


9月30日にはビジネスユースや法人向けを対象にした新しいAMD RyzenPRO 3000シリーズを発表しています。
基本的には現在発売されているRyzen3000シリーズと同等の性能ですがセキュリティ機能が強化されたほか一部やや性能が変更されています。

http://ir.amd.com/news-releases/news-release-details/amd-announces-worldwide-availability-amd-ryzentm-pro-3000-series


IntelとAMD、共に新しいプロセッサーや採用例が多く直近では発表されました。
やや半導体市況は低調ですが両社の新しいプロセッサーの業績への寄与や両社の競争や動向には注目ですね。

ロジックからのユーザーの引き合いが強い ASML Holding(ASML) 2019年度3Qを振り返る

会社概要 ASMLHoldingは半導体製造装置メーカーで露光装置と呼ばれる半導体に回路を露光する装置を開発、販売、製造するメーカーです。 同社はDUVリソグラフィー、EUVリソグラフィー、ホリスティックリソグラフィーソリューションを含む3つのカテゴリーの製品を販売してい...