2018年10月25日木曜日

AIや自動運転で注目を集めるNVIDIA Corporation(NVDA)

企業概要


エヌビディアは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。

同社の製品及びブランドは
PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ
動画編集、デザイナー、ビジネスユーザー向けのQuadroシリーズ
ディープラーニングやGPGPU向けのTeslaシリーズ
自動車、モバイルゲーム、タブレット、ドローン、ロボット等、組み込み向けのTegraシリーズなどがあります。

特に今エヌビディアが注目されている理由は、従来画面の出力や3D演算など画像の演算に主に使用されていたGPUが、人工知能やそれを支える機械学習の技術であるディープラーニングなどの興隆とそれらの演算処理として並列演算に優れているGPUが使われるようになったためです。
特にNvdiaはGPUでプログラミングを可能にするコンピューティングプラットフォーム、CUDAを開発・提供しておりCUDAは使いやすさやライブラリの点で競合を大きくリードしており、発展途上の同分野ではプログラムの書き換えや最新技術の対応が容易という面でNvdiaのGPUが有利であり、そのためNvdiaのGPUが好んで使われています。

また自動運転にも積極的に取り組んでおり、トヨタ、メルセデスベンツ、アウディ、テスラ、ボルボ、フォルクスワーゲンといった自動車業界と有力パートナーと手を組んでいます。
同分野ではIntel傘下のモービルアイが業界をリードしていましたがエヌビディアが持つ高い処理能力持つ半導体と画像処理技術によって完全な自動運転ではエヌビディアがリードしてるという意見もあります。

セグメント情報


同社のセグメントは

人口知能システムやそれらにサービスを提供するクラウドコンピューティングに向けにGPUを提供する
Datacenter(データセンター)

ゲームや専用機向けのパソコン向けにGPUを提供する
Gaming(ゲーミング)

動画や画像編集、CGといったビジネス向けパソコン向けにGPUを提供する
Professional Visualization(プロフェッショナル ビジュアライゼーション)

自動車・部品メーカーに運転支援システムを提供する
Automotive(オートモーティブ)

エヌビディアが持っているIPの提供等の
OEM and IP

の5つになります。

業績推移






セグメント別売上高の推移は以下のようになります。



※コ予 コンサンス予想

特に近年成長が加速してる感じです。
人工知能や自動運転が注目されやすいですが同社を支えてるのはゲーミングです。
またデーターセンターの成長も目を引きますね

株価と指標

2018年10/24(場中)時点で213.50ドルです。



予想PER(コ):26.63倍
PBR:14.77倍
予想配当利回り(会):0.26%
NVDIAの現在の株価と指標

投資判断とリスク


全体的な相場軟調さもあって株価が大きく下落しています。
その反面PERが26.6倍ですが成長性を考えると割高感はないですね。
ただしこのチャートみて買いにはいきにくいですが。
200ドル程度まで調整するなら買ってみてもよさそうですが。
NVDIAは自動運転や機械学習が大きく注目されていますが、まだセグメント的には
ゲーミングの比率が大きいです、現在e-sportがブームになっており同セクターの先行きも堅調だと思いますが、NVDIAの業績に与える影響は大きいのでNVDIAのポジションを持つならこの業界動向を注視していく必要があると思います。
また織り込んでいるとは思いますが、Q1までは一時的に仮想通貨のマイニング需要で大きな需要がありました、現在仮想通貨の価格が停滞していることやマイニングの主体がASCIにかわりつつあることもあり、これらの需要は今後期待できません。
魅力的な銘柄ですが現在株価のトレンドが完全に崩れており買うなら200ドル割るか下げ止まるのを確認してからにしたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Gamingが回復 NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度2Q決算を振り返る

会社概要 Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。 同社の製品及びブランドは PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ 動画編集、デザイナー、ビジネスユー...