2019年5月29日水曜日

オイルスーパーメジャーの一角 Exxon Mobil Corporation (XOM)

会社概要


ExxonMobilは、世界中で石油の探査、製造、精製を行う石油/ガスの総合企業です。
またそれ以外にも石油製品の製造と販売、石油化学製品の製造・販売なども行っています。
元々は1911年に分割され34の会社に分けられた独占企業のStandard Oilの一部がその後、合併を繰り返して現在のExxonMobilになっています。
ExxonMobilの主なブランドはExxon、Mobil、Esso、ExxonMobil Chemicalがあります。

セグメント情報


Upstream

世界中で石油および天然ガス資源の探査、開発、生産をしています。

Downstream

石油の精製・販売・輸送を行っています。

Chemical

石油化学製品及び各種専門製品の製造・販売を行っています。

Corporate and Financing

Exxonの金融部門です。

2018年アニュアルレポートによると利益の大半をUpstreamから上げている反面、原油価格に依存しやすくDownstreamやChemicalが原油価格に関わらず安定的な収益を上げていることが分かります。


業績推移





(コ) コンサンス予想

ここ5年原油価格が低迷していたこともありやや売上高・EPSまちまちですね
また2016年度には事業の減損もあり利益が大きく減少しています。
ただ厳しい環境下でもExxonを増配を続けています。

株価と指標


2019/5/28の時点で72.61ドルです。



予想PER(コ):13.27倍
PBR:1.61倍
予想配当利回り(会):4.33%
Exxonの現在の株価と指標

(コ) コンサンス予想
(会) 会社予想


投資判断とリスク


やや近年は原油価格低迷で厳しい事業環境が続いています、直近では原油価格は持ち直しつつあるものの貿易戦争など景気後退懸念も根強く見通しは不安定です。
ただ同社は石油企業のなかではもっとも優れたバランスシートを持つ会社ですし、米国のシェールやブラジル、ガイアナで進めているプロジェクトの設備投資を増加しており同社が抱える石油・ガスの埋蔵量や生産量への不安は少ないかなと思います。
また電気自動車やクリーンなエネルギーの発電などで石油・ガスへの需要が減少する可能性もありますが、IEAによると2040まで需要の拡大を見込んでいます。
短期的には不安定な相場になりそうですが、高配当ですし長期でもつならいい銘柄かなと個人的には思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Apple Inc.(AAPL)は収益見通しにコロナウイルスの影響を報告

Appleによると https://www.apple.com/newsroom/2020/02/investor-update-on-quarterly-guidance/ 2020年2月17日にAppleはCOVID-19(新型コロナウイルス)の影響で2020年度第2四...