2019年8月7日水曜日

予想を上回る決算だったがいくつか懸念も残る General Electric Company (GE) 2019年度2Qを振り返る

会社概要


ゼネラル・エレクトリックはアメリカは代表するコングロマリット企業ですが近年は業績不振のため会社再建中です、 GEは発電機や航空機エンジン、タービン、ヘルスケア、照明などなど書ききれないくらいの多数の工業製品やそれに付帯するサービスなどを提供する企業ですが直近では事業の選択と集中を進めています。

決算内容


2019年度の第2四半期決算(2019年4月~2019年6月)は7月31日に発表され以下のようになりました。


  売上高     EPS
2018 2Q実   30.104B    0.19
2019 2Q実 
  28.52B
    0.12
 2019 2Q予     28.831B     0.17
  
(ドル)
M=100万ドル B=1億ドル
実 実績
予 予想

売上高、EPSともに予想を上回りました、Power(電力)事業以外のセグメントが好調でした。
調整後産業フリーキャッシュフローはPower事業の立て直しの影響もあり-10億ドルでした。



セグメント情報


 (2Q前年同期比)

POWER(電力)

受注
   6,282百万ドルから4,916百万ドル -22%
 売上高
 6,261百万ドルから4,681百万ドル -33%
 利益
 410百万ドルから117百万ドル -71%

ガスタービン事業の受注は+27%と増加しましたが、前年に原子力発電システムの売上があったことで今季その分目減りしています。
また利益の面でも販売量や価格、サービス収益の減少もあり大きく低下しました。

Renewable Energy(再生可能エネルギー)

 受注
  2,714百万ドルから3,676百万ドル+35%
 売上高
  2,883百万ドルから3,627百万ドル +26%
   利益
  85百万ドルから-184百万ドル 

今回から送電事業をこのセグメントに組み入れたこともあり売上高、受注共に大幅に前年同期で増加しました。
ただ利益はジョイントベンチャーの統合、レガシー契約の損失拡大、アジア太平洋地域でのオンショアプロジェクト遂行への挑戦、研究開発投資の増加、関税、および価格設定の影響を受けました。

Aviation(航空)
 
 受注
  9,512百万ドルから8,571百万ドル -10%
 売上高
  7,519百万ドルから7,877百万ドル +5%
   利益
  1,475百万ドルから1,385百万ドル -6%

受注は前年に大きな商用エンジンの受注があったこともありその反動を受けています。
また利益の面では新エンジンへの移行や次世代大型機エンジンGE9Xの開発遅れの費用やボーイング737 MAXの問題の影響もありました。

Healthcare(ヘルスケア)

 受注
      5,320百万ドルから5,203百万ドル -2%
 売上高
  4,978百万ドルから4,934百万ドル -1%
 利益
  926百万ドルから958百万ドル +3%

中国、米国、中東がやや不調でしたが日本やラテンアメリカで成長がありました。

Oil&Gas(石油&ガス)

 受注
  6,043百万ドルから6,514百万ドル +8%
 売上高
  5,554百万ドルから5,953百万ドル +7%
 利益
  222百万ドルから217百万ドル -2%

好調でしたが同社この部門のBaker Hughes(BHGE)の売却を進める予定です。
同四半期のBHGEからGEへの現金配当は合計約9400万ドルでした。

GE Captial(金融)

   Capital continuing operations(継続資本)
  89百万ドル
 discontinued operation(廃止事業)
  238百万ドル
   GE Capital Earnings (利益)
      148百万ドル

GEキャピタルは、第2四半期に5億ドル以上の資産削減を完了しました。これは現在までに約20億ドルで、2019年には約100億ドルの資産削減を実行する予定です。

見通し


一部前回から上方修正がありました。
変更のみ


  • 売上高(Non-GAAP) 一桁台半ばの増加 (従来一桁台前半から一桁台半ばの範囲で増加から)
  • 調整後産業フリーキャッシュフロー -10億ドルから10億ドルに (従来 -20~0億ドル)
  • 1株あたりの調整後利益(Non-GAAP)は、0.55ドルから0.65ドル (従来 0.5~0.6ドル)



株価と指標


2019年8月6日の時点で9.57ドルです。


予想PER(コ):12.93倍
PBR:2.33倍
予想配当利回り(コ):0.04%
GEの現在の株価と指標

 (コ) コンセンサス予想 (会) 会社予想

総評と感想


決算良かったです特に電力事業に改善の兆しがあったのはポジティブです。
ただBoiengの737MAXの問題で最大14億ドルの費用が掛かる可能性があることや事業改革中なこともあり全体的にマージンが下がっているのが気になるところです。
ただようやく悪い状態からは脱しつつあるよにも見えますし自分の保有しているGE株もそのままにしようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Gamingが回復 NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度2Q決算を振り返る

会社概要 Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。 同社の製品及びブランドは PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ 動画編集、デザイナー、ビジネスユー...