2019年6月18日火曜日

事業計画や戦略策定など企業の意思決定を支援するAnaplan, Inc. (PLAN)

会社概要


同社はSaaS型のFP&Aプラットフォーム「Anaplan」を提供する企業で、同社のプラットフォームは財務、販売、サプライチェーン、マーケティングなど各部門での計画や実績の管理を容易にし部門間で連携を高めながら計画立案・実績管理を迅速に行えるとしています。
同社のプラットフォームは中期計画、年次計画の計画業務、営業計画、供給計画、販売予測、インセンティブ報酬などを始め、あらゆる部門でのビジネス計画をサポートします。
多くのビジネス計画のサポートするため同社はAnaplan App Hubから事前に構築された独自のアプリケーションを提供するほか、ユーザー自身がコーディングの知識がなくても簡単にアプリを構築できるサービスを提供しています。
また同社のアプリケーションはクラウド上から提供されます。

セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

業績推移



(コ) コンセンサス予想

売上高は右肩上がりでなおかつ成長性も維持している反面、成長性を優先しており利益面では損失拡大が続いています。
EPSは2018年にIPOしていることもあって過去のデータがよく分からなかったため記載しませんでしたが非GAAPベースで2018年が-0.44、2019年が-0.73でした。
また配当もありません。

株価と指標


2019/6/17の時点で49.56ドルです。


予想PER(コ):N/A
PBR:20.46倍
予想配当利回り(会):N/A
Anaplanの現在の株価と指標

(コ) コンサンス予想(会) 会社予想


投資判断とリスク


株価上場以来、上昇し続けており割高感はあります、まぁSaaS系全般に言えることですが。
ライバルはBPM(ビジネス業績管理)やCPM・EPM(企業業績管理)やSPM(販売実績管理)などのソフトウェアを提供する企業がライバルかなと思います、ただ同社は一つのプラットフォームで全てを管理できるのでそこが同社の強みでしょうか。
上記のサービスを個々でみると結構競争は激しいので今後もしかしたらリスク要因になりうるかなと思います。
上場以来、好決算が続いていることや高い売上高成長を維持できていることから有望なSaaS株のひとつかなと思いました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

厳しい外部環境だがAptiv PLC (APTV)2019年度2Qを振り返る

会社概要 Aptiv PLCは元々GMの自動車部品の開発メーカーで1999年に分社化されています。 元々はDelphi Corporationという社名でしたがガソリンエンンジン等のパワートレインとアフターマーケット事業をDelphi Technologiesとして20...