2019年6月29日土曜日

トランプ米大統領がHuaweiと米企業の取引を容認

日本経済新聞によると
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46772340Z20C19A6I00000/

トランプ大統領はG20後の記者会見でHuaweiの事実上の禁輸措置に対して「アメリカ製品をこれからも売ることを認めていきたい」と述べ米企業によるHuaweiへの部品販売を認める考えを示しました。

また米中貿易協議の再開や追加の対中関税見送りなどの方針も表明し週明けの相場が楽しみな内容でした。
ただ5Gを巡るHuawei排除に関しては依然不透明ですし、また米中貿易協議で何らかの合意に達するには時間がかかるかなと思いますが、それでもやや不調だった半導体株や電子部品株のリバウンドに期待したいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

厳しい外部環境だがAptiv PLC (APTV)2019年度2Qを振り返る

会社概要 Aptiv PLCは元々GMの自動車部品の開発メーカーで1999年に分社化されています。 元々はDelphi Corporationという社名でしたがガソリンエンンジン等のパワートレインとアフターマーケット事業をDelphi Technologiesとして20...