2018年5月21日月曜日

ビーグリー 1Q(1〜3月期)を振り返って

ビーグリー
スマホ向けまんが王国の運営企業です。

1-3月期1Qの決算は赤字転落してしまいました。




売上高営業益経常益純利益
 17.1-32.22439837423442.2
  18.1-32.153-79-93-84-13.8
(百万円)

特にいいとこがない1Qでした。
同時に自己株式取得 最大 250,000株と上場市場記念株主優待の実施を発表しました。

会社側の説明としては海賊版サイト、具体的には言及されていませんが漫画村のことだと思います、の影響により売上が伸び悩んだとのことです。
ただ個人的には海賊版サイトはそれ以前からあったためちょっと後付の理由かなと思います。

その他気になった点としては販売管理費が671,467(千円)から1,052,108(千円)に大幅増加していることです。
会社に問い合わせたところ

年末年始にTVCMを実施する等、
プロモーション活動を積極的に行ってきましたため、
前年と比べて販売管理費が増加しております。

(原文ママ)とのことです。
またそれが会員獲得ペースの増加に繋がってるとのことなので今後の売上拡大に結びつくか注視していこうと思います。
今回の1Qを踏まえて会社計画の会社予想の達成は難しく下方修正は必須じゃないでしょうか。

現在会社予想PERベースで12倍ですが、1Q踏まえると20倍超えてるくらいに考えておいたほうがいいと思います。

現在ポジションはなく今後の保有も見送ろうと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

厳しい外部環境だがAptiv PLC (APTV)2019年度2Qを振り返る

会社概要 Aptiv PLCは元々GMの自動車部品の開発メーカーで1999年に分社化されています。 元々はDelphi Corporationという社名でしたがガソリンエンンジン等のパワートレインとアフターマーケット事業をDelphi Technologiesとして20...