2019年3月31日日曜日

ライドシェアリングのLyft, Inc.(Lyft)

会社概要


Lyftはアメリカとカナダにライドシェアリングサービスを提供する会社でアメリカではUberに次ぐ2番手のライドシェアサービスの会社です。
同社のサービスはスマートフォンのアプリケーション通じ目的地が同じ等の移動ニーズのあるドライバーとユーザーをマッチングさせ目的地についた時点でユーザーがドライバーを評価、料金の支払いをスマートフォンのアプリケーション上で行うサービスです。
Lyftは2019年3月29日にNasdaq市場に上場しました。

セグメント情報


同社は単一セグメントのため、記載はありません。

業績推移




(コ) コンサンス予想 

売上高は急拡大していますが利益面では赤字が拡大し続けています。 配当はありません。

株価と指標


2019/3/29の時点で78.29ドルです。


※5分足です。

予想PER(コ):N/A倍
PBR:N/A倍
予想配当利回り(会):N/A%
Lyftの現在の株価と指標

(コ) コンサンス予想
(会) 会社予想


投資判断とリスク


上場初日はIPO価格の73ドルに対して87.24ドルをつけましたが、その後売られています、上場からしばらくはボラリティが高い状態がつづくでしょうね
来週はUberの上場も控えてます、直接のライバルなので今後も何かにつけて比較されるのではないでしょうか。
業績面では売上は急拡大していますし現在アメリカでシェア39%とUberをアメリカでは上回る成長をしてると言われますが、利益面では直近9億ドルの赤字をだしておりここをどう捉えるかでしょうか。
また規制や既存の業界からの反対等のリスクを常に抱えており、これまでも何度も罰金やタクシー等の業界からの批判に晒されています、ただしUberと違い北米のみに絞ってサービスを提供しているのでそのへんは世界中でサービスを展開しているUberの方がリスクは高いですが。
個人的にはIPO直後の株はあまり触らないですし、決算を何回か通して特に利益面での見通しが改善されそうであれば投資したいかなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Gamingが回復 NVIDIA Corporation(NVDA) 2020年度2Q決算を振り返る

会社概要 Nvidiaは大手半導体メーカーで世界的なGPU(Graphics Processing Unit)のメーカーです。 同社の製品及びブランドは PCゲーム・メインストリーム向けグラフィックボードのGeForceシリーズ 動画編集、デザイナー、ビジネスユー...